• Schedule

    ◎日時

    5月27日(日)16:00~21:00 最終入場 20:30

     

    ◎場所

    神戸ポートタワー展望フロア(中央区波止場町5-5)

     

    ◎料金

    タワー入場料 700円(飲食有料)

     

    ◎出店酒蔵

    株式会社神戸酒心館・菊正宗酒造株式会社・剣菱酒造株式会社・白鶴酒造株式会社 (順不同)

     

    ◎出店店舗
    AHMAD TEA (紅茶)/ イスズベーカリー(パン)/ IN THE DOOR BREWING(クラフトビール)/ 紅茶専門店 Lakshimi(紅茶)/ チーズとワインの専門店 ランス(シャンパン・ワイン・チーズ)/ 天仁茗茶(中国茶)/ Linea Blanca(クッキー)/ 老祥記(豚饅頭) (五十音順)

     

    ◎協力

    南京町生誕150年記念事業実行委員会 / Kiss FM KOBE 他

     

    ◎主催

    KOBE SAKE TOWER 実行委員会

     

    ◎後援

    一般財団法人 神戸観光局・一般社団法人神戸港振興協会 

     

    ☆開催時間・開催内容は変更になる可能性もございます。

     

     

     

    ◎ Date and time

    Sunday May 27th (Sunday) 16: 00 ~ 21: 00 Last entry 20:30

     

    ◎Place

    Kobe Port Tower Observation Floor ( 5-5 Hatoba-chou, Chuo-ku )

     

    ◎ Price

    Tower Entrance Fee 700 yen (Not including food and drink)

     

    ◎ Exhibition Sake brewery

    Hakutsuru Sake Brewing Co., Ltd. / Kikumasamune Sake Brewing Co., Ltd. / Kobe Shushinkan Sake Brewery Co., Ltd.

    (listed in no particular order) (Unsettled schedule)

     

    ◎Cooperation

    Bakeries in Kobe / Kiss FM KOBE /others (Unsettled schedule)

     

    ◎Sponsor

    KOBE SAKE TOWER Executive Committee

     

    ◎Supporters

    Hyogo Prefecture / General Foundation Kobe Tourism Bureau / General Association / Kobe Port Promotion Association

    *Including supporters which are in application period.

     

    ☆ Time and contents may change.

  • About

    55周年を迎えた『神戸ポートタワー』を舞台に“KOBE SAKE TOWER 003”を開催致します。

     

    ☆『発酵』をテーマに神戸の魅力を発信。新たにSAKE MARCHEフロアも登場。

    “発酵”をテーマに、世界一の酒処/灘五郷のお酒が楽しめる『SAKEフロア』。 今回から新たに登場する『SAKE MARCHEフロア』では、神戸を代表するパン、紅茶、豚まん、 神戸の天然水でできた人気のクラフトビールなどが楽しめます。

     

    ☆移り変わるトワイライトな時間帯を豊かに楽しむ
    神戸の景色が一番SEXYに体感できる日没前から夜に移り変わるトワイライトな時間帯での開催になります。日没前から夜へと、時間と共に移り変わる贅沢な神戸の景色と共に、 美味しいお酒とMUSICセレクターが奏でる素敵な音楽で、展望フロアからの豊かな時間をお楽しみ下さい。
     

    ☆百黙ラウンジ
    2016年、春に発表された菊正宗130年ぶりの新ブランド『百黙』の世界観を体感できる この日だけの『百黙ラウンジ』が、昨年の大好評に引き続き、今年も登場致します。

    ラウンジでは、新商品「百黙 純米吟醸」「百黙 Alt.3」もご用意しております。神戸「ランス」のチーズとのマリアージュをお楽しみください

     

    *ポートタワー展望フロア入場者数

    ☆2015/11/21(土)

     KOBE SAKE TOWER    1,892人 

    ☆2017/3/25 (土)

     KOBE SAKE TOWER 002  約2,000人
     

     

     

    "KOBE SAKE TOWER 003" will be held in "Kobe Port Tower" which marked the 55th anniversary.

     

    We will dispatch the charm of Kobe under the theme of "fermentation". SAKE MARCHE floor opened newly.

    "SAKE Floor" which you can enjoy “Nada Gogo” (No.1 alcoholic beverages in the world) with the theme of "fermentation".

    "SAKE MARCHE Floor" which you can enjoy the new bread, tea, butaman, and popular craft beer made from Kobe’s natural water.

     

    Enjoy the evening twilight time

    "KOBE SAKE TOWER 003" will be held in twilight time zone which changes from sunset to night. At that time you can see the scenery in Kobe most beautifully. Enjoy a rich time from the observation floor with delicious sake and nice music played by the MUSIC selector, along with the luxurious Kobe landscape.

     

    HYAKU MOKU Lounge

    Kikumasamune announced the new brand "HYAKU MOKU" in 130 years in 2016 spring. You can experience the world view of "HYAKU MOKU" at "HYAKU MOKU Lounge" only for this day. This lounge will continue this year, following the huge popularity of last year.

     

    * Port Tower Observation Floor visitor number

    2015/11/21 (Saturday)

      KOBE SAKE TOWER

                 1,892 people

    2017/3/25 (Saturday)

      KOBE SAKE TOWER 002

             about 2,000 people

  • Music

    JUNICHI KUWATA(YOUAREHERE)

    2010年にJUNICHI KUWATAとして活動を再開し大阪を拠点に活動する。 Techno,House,Minimal,Latin,World Musicなど様々なジャンルを吸収し、何事にも捕われることないスタイルを求めよりカラフルで、そしてより繊細でミニマルなサウンドの表現を続ける。2015年からはTechnoと日本酒を主軸としたモバイルパーティー"YOUAREHERE"をNAO NOMURA(BASSWORKS RECORDINGS)と共にスタート。 GAISER 、MATTHEW DEAR、HITO、NASTIA、HOTSINCE 82など旬な海外アーティストを招聘し不定期開催する。

     

     

  • SHUNJACK(Detox)

    1998年に「情報発信基地」をコンセプトとしたTroopcafeの立ち上げに参加し、その後13年間におよびTroopcafeのExecutive Producerとして数多くのイベントを手がけてきた。1000本以上にも及ぶイベントのプロデュースに関わり、神戸のナイトシーンの発展に大きく貢献してきた。DJとしても15年以上のキャリアを持ち、数多くのパーティーに出演している。2007年には、日本最大のDRUM&BASS PARTY「O6S@WOMB」のMAIN FLOORでPLAYを経験する。PLAY-STYLEは、"LIVE感あるDJ-PLAY"をコンセプトに、RAGGA・BREAK BEATSを織り交ぜながら、DRUM&BASSを軸にORIGINALなGROOVEを構築している。

    Masafumi Ohnishi(troopcafe / JP,Kobe)

    神戸troopcafeのプロデューサー/DJ。近年エレクトロニック・ミュージックの枠に止まらず、アフロ・グルーヴやハウス、ディスコとのクロスオーバーが加速し、さらにグルーヴ感が増している。2014年からは、クラブの枠を超え、海外のアート・フェスティバルにも参加するようになる。オランダ発の国際アート展 “TodaysArt”には、2014年、神戸と開催地デン・ハーグを高速インターネット回線で繋ぎ、地元神戸に居ながら、オランダ現地のフロアを沸かせたことは、今なお、TodaysArtの歴史の中で語り草になっている。2015年のTodaysArt.JP東京開催では、恵比寿リキッドルームにて、Carl Craig feat. Mad Mike Banksライブ・セットとの共演が話題となった。国内外の著名アーティストからの評価は、楽曲制作においても高く、有名アーティストからのリミックスの依頼も少なくない。今後はDJとしての活動だけでなく、楽曲プロデューサーとしての活動が期待され、一貫してシーンに多様性を追求している。

  • News

  • 過去のムービー

  • SPECIAL THANKS

  • Contact

    ご質問や取材についてのお問合せなどは、フォームにご記入のうえ送信してください。

    できるだけ早い回答を心がけておりますが、ご回答までに数日を要する場合がございます。

    予めご了承ください。

     

    ※PCメールで返信いたします。

    PCメールが受信できるアドレスをご記入ください。